活動報告

メデュケーションプロジェクト説明会

東京都千代田区よみうりホールにて、como-do代表の高崎和美がファイナリストとしてプレゼンテーションをした「ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会」のブースにて、メデュケーションプロジェクトの説明会を開催しました。

como-doの活動の軸となるこのプロジェクトは、各方面の専門家に執筆を依頼し作成する「こころとからだのしくみ」教科書の作成からはじまります。将来的には、この教科書を使って各教育現場にて体験型の授業として学ぶ機会をつくり、心と体のセルフメンテナンスや互いの違いを認め合う他者理解の力を育て、すべての子どもたちが自らの可能性を活かして輝いていける社会の実現をめざしています。

大会での高崎のメデュケーションプロジェクトについての発表も、大きな感動と反響を呼びました。
他のプレゼンテーターとの繋がりも深まり、como-doの活動に参加してくれるメンバーも増えました。それぞれの夢を実現していくため、今後協力しながらさまざまな活動を行う予定です。

PAGE TOP