ご支援の方法

ご支援の方法は2つ。
クルーとしての各種活動への参加や、会員としての基金へのご寄付を通して、como-doを支えてくれる方を募集しています。

クルー募集

私たちcomo-doは、すべての子どもたちが自らの可能性を活かして輝いていける社会をつくるため、さまざまな教育活動に取り組んでいます。その活動に一緒に参加していただける方を、クルーとして募集しています。

 

保育園・幼稚園を一緒に運営してくださる方〈保育士・保母〉

〜健やかな笑顔を、新しい保育から〜

2019年4月から、大阪・尼崎にて、医療教育を実践する保育所を開園予定です。como-do代表の高崎が園長を勤め、こころとからだ、人やいのちを大切にする姿勢を育むさまざまな体験活動にチャレンジしていきます。

この保育所を一緒に運営する、保育士さん・保母さんを募集しています。まずは私たち自身が楽しみながら、子どもたちの笑顔と健やかな心・からだを育んでいきましょう!

場所 天才キッズ学園  大阪尼崎校(仮称/2019年4月開園予定)
求めている人 保育士もしくは保母資格をお持ちの方
内容 東京都千代田区有楽町1ー11ー1 読売会館7階
就業時間 要相談
開始時期 平成31年4月1日〜(開園前準備の研修・準備期間あり)
連絡先 お問い合わせはこちら

 

「こころとからだのしくみ」教科書への意見・アイデアをくださる方

~あなたの痛みやアイデアを、子どもたちの希望と笑顔に~

専門家ではなく一般市民の立場から「こころとからだのしくみ」教科書に何を入れていきたいか、アイデアを話せる仲間を募集しています。教育や健康に関心のある方はぜひ、一緒に教科書を作っていきましょう!

また、現在からだやこころに悩みを抱えている方にもお話を伺い、教科書づくりに活かしたいと考えています。
今、どんな悩みを抱えているのかを共有し、一緒に解決策を考える中で、子どもたちが健やかに生きていくために何が必要なのか、そのヒントをいただければと思います。

興味のある方は、まずは気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

基金会員

私たちcomo-doの活動の一番の核となるのが、各方面の専門家の執筆による「こころとからだのしくみ」教科書を使い、各教育現場にて体験型の授業を通した学びの場をつくる“メデュケーションプロジェクト”。
子どもたちの生きる力、健やかでのびのびとした心と体の在り方、互いの違いを楽しみながら受け入れる姿勢を育み、自分と周りの人を信じながら、誰もがいきいきと自らの力を発揮できる社会を実現をめざしています。

この「こころとからだのしくみ」体験型授業を、すべての小学校・中学校・高校・大学へと届けるために、教科書作成と配布、体験活動のための運営費を賄う基金を募集しています。
金額の設定は、一口1,000円の「お心会」会員と、年間6,000円×5年間の「真心会」会員の2種類。運営状況につきましては、順次ホームページにて公開していく予定です。

すべての子どもたちの未来のために、教育の場をつくるご協力を頂けますよう、心よりお願い致します。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP